スノボ旅行は春も楽しく過ごせる

冬の間低かった気温も3月を過ぎると徐々に上がってきて、晴れる日も多くなってきます。特に大学の春休みが始まる3月下旬からスノボ旅行に出かけると天気はポカポカで冬のシーズンとは一味違う滑りが体験できます。このスノボの春旅行では新雪のパウダースノーに遭遇することはできませんが、暖かい分滑りの途中でランチを食べながらゆっくりのんびり滑ると良いでしょう。このシーズンはお客さんの数も少なくなっているので自分のペースで滑ることができます。

また冬のシーズンで今まで様々なトリックを練習してきた人にこそ春のスノボ旅行がお勧めなのです。というのも、この季節は冬に比べて気温が高くなるので昼の間は雪が非常に柔らかくなります。つまり雪が溶けかかっているのですが、実はこの状態がトリックの練習には非常に向いているのです。溶けかかっている雪というのは、冬のシーズンの雪に比べて水分が多いということなのでたとえ転んでもあまり痛くありません。

また気温が暖かいとその分、体もよく動くようになり技も決めやすくなるばかりか、体制が崩れても受け身を取りやすくなるのでケガも少なくなります。だからと言って無理をしろという訳ではありませんが、雪も柔らかく、転んでもあまり痛くない、そして何よりも気温が高いので体がよく動くという条件が揃っているのでトリックの練習には最適です。今こそこれまで温存してきた新しいトリックの練習をしてみてはいかがでしょうか。スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です