空室対策に詳しくなろう

投資としてのマンションの利点

サラリーマンなら誰でも給与以外の副収入を夢に見るのではないでしょうか。それほど昨今の庶民の経済状況は厳しいものになっています。そうした背景もあり、副業を始める人が急増する中よく聞くようになった言葉がサラリーマン大家です。サラリーマン大家とは、要はサラリーマンとして働きながら賃貸経営もこなす人のことを言います。

多くの人が投資に興味を持つ時代となりましたが、不動産投資は成功すれば不労所得を生み出せると特に注目を集め、多くのマンションがその対象となっています。中には一戸建てを賃貸として貸し出す人もいますが、基本的に利益が見込みやすいのはマンションです。その理由は立地にあります。一戸建ては基本的に住宅街などの郊外に位置することが多く、物件的にもファミリー向けですのでマーケティングとしては凄く視野が狭くなってしまいます。

一方マンションは市街地や周辺環境が便利な位置に建っていて、部屋もファミリー向けから1人暮らしまで幅広くカバーできます。特に不動産投資初心者であれば比較的安価で購入できる少人数向けを1部屋購入して賃貸経営に入ると、経営自体も簡単で利回りも分かりやすいのでマーケティングに集中することができます。失敗したときのリスクも低いという利点もあります。また、マンション自体も需要のありそうな土地に建てられていますので、特別に努力をしなくても入居者が現れやすいでしょう。

新築では投資額が大きくなってしまいますので基本的には中古物件に投資しますが、将来周辺環境が著しく発展しそうな土地であれば物件価値の上昇も期待できますので、新築でも投資するのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です