空室対策に詳しくなろう

賃貸マンションの契約の当事者を知っておこう

賃貸マンションの契約をする時には、その契約に関連する利害関係人の状態をしっかりと把握しておかなくてはいけません。そうしないと、実際の契約で混乱してしまうことになります。大前提として、賃貸マンションの賃貸借契約は当事者同士が同意をしてサインをすることはありませんので、あくまでもマンションを管理する仲介業者や不動産会社を利用して契約をしなくてはいけないということを知っておきましょう。不動産に関連する取引では、所有者と相手が直接的に交渉することはまずありません。

不動産を所有している所有者は、その不動産を第三者に預けて運営していることがほとんどだからです。これは法律的な関連性と無関係ではなく、このようにしないとスムースにマンション経営を行うことができないという事情もあります。つまり、賃貸借契約を締結するときにはまずこの不動産を所有者から預かっている不動産会社を見つけなくてはいけないなのです。そして、こうした不動産会社を紹介してくれるのがいわゆる仲介業者と呼ばれる存在です。

仲介業者に関しては、不動産を管理している仲介業者とそうではない仲介業者が存在するため、仮に仲介業者が不動産を管理していた場合にはまとめてその会社で手続きをすることもできます。このように、仲介業者や不動産会社、そして所有者の関係はマンション経営では少し複雑になってしまうことがあるため契約書を確認したり直接的な相談でよく話を聞いておく事が大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です