空室対策に詳しくなろう

マンションの壁のタイプを確認

マンションと言うのは、物件によっては立地が異なるのはもちろんですが、デザインや材料などにも違いがあります。オシャレさがあったり、高級感があったり、どういった物を採用するかで、かなり気持ち的に違いが出てきますから、こだわっておきたいところです。また、構造にも違いがあります。ファッションと同じで、ちょっとした違いが大きな差になることがありますので、マンションでは細かな構造部分にも目を向けて自分なりに評価しつつ物件選んでいきたいところです。

例えば、マンションの外観について考える時にとても大切になる部分が壁と柵です。バルコニー、または反対の住戸の玄関ドア側にある廊下の部分がどうなっているかによって、かなり印象は異なります。バルコニーが壁のようなタイプであれば、物の落下が防ぎやすかったり、雨風をしのぎやすくなるため、多少天気が崩れても洗濯物が濡れずに済みますので、外出先で雨が降り出した時も、いくらか被害を抑えられるものです。また、廊下側が壁になっていれば、こちらも雨が吹きこんでくるのを多少防げます。

また、柵になっていると、そのせいでどうしても安っぽく見えてしまうことがあります。せっかく他の部分に高級感があっても、その部分だけスカスカしていると、チグハグな印象を受けてしまうこともあります。とは言え、柵のようになっていると風通しが良く、景色が見えやすいですから、大きな開放感を味わうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です