空室対策に詳しくなろう

マンション経営を始めるための不動産取得税

マンション経営を始めるためには物件を取得しなければなりませんが、物件を取得したときには不同ささん取得税を支払わなければなりません。取得した後に請求されますから、取得する前に資金を準備しておくことが必要です。取得したときにだけ課税されますから、最初だけです。一度支払えば良いだけで、定期的に支払わなければならないものではありません。

マンション経営を始めるためには不動産を取得することになりますが、このときに支払う不動産所得税は都道府県税です。一般的な不動産取得税の金額は固定資産税評価額の4%となっていますが、住宅用の土地や建物の場合には3%と軽減されています。不動産の評価額は原則として市町村が登録している固定資産台帳によります。固定資産台帳に登録されている価格を元にして評価がなされ、それによって税額が決まります。

新築住宅などの場合には台帳に記載されていませんが、この場合には固定資産評価基準によって評価します。不動産取得税はいくつかの場合に免除されます。たとえば取得した土地の価格が10万円未満の場合には課税されません。建築をしたときの価格が23万円未満の場合も課税されません。

建物を取得したときの価格が12万円未満の場合にも課税されません。このような免除の制度もありますが、一般手金マンション経営を行うときにはこのような少額になることはありませんから、たいていは課税されると考えておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です