空室対策に詳しくなろう

マンション経営での減価償却による節税

マンション経営をすることによる節税効果の元となっていることの一つが減価償却です。減価償却という言葉を聞いたことのない人もいると思いますが、これは簡単に言うと建物の劣化を経費にできることです。税金は、売り上げに対してかかるのではなくて利益に対してかかります。利益は、売り上げから経費を差し引いて計算されますから、経費が大きければ大きいほど利益は小さくなり、税金も安くなります。

これが税金の基本的な考え方で、経費を増やすことが節税対策と言っても良いでしょう。とは言っても、実際にお金が出ていって経費が発生すれば、その分だけ現金は減るのですから、それではあまり意味がありません。色々なものを経費として計上するという方法も考えられます。減価償却はこのような考え方ではなくて、帳簿上だけで経費を発生させることができるという優れたものなのです。

建物が劣化すると資産価値が減少しますが、それを経費として計上できます。建物が劣化すれば、確かに資産は減っていると言わざるを得ないでしょう。しかし、それに伊予って現金を支払うと言うことはありません。ですから、現金が出て行かずに経費が発生し、それによって税金を安くできます。

マンション経営ではこの減価償却によって経費を発生させることができるために、節税効果が高いと考えられます。個人でマンション経営を行っている人の中には、このような経費の発生によって節税効果を高め、税金の支払額を安くしている人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です