空室対策に詳しくなろう

マンション経営を行うビジネスマンについて

ビジネスマンは会社から毎月所定の給料を受け取って生活をしているわけですが、中にはマンション経営を行うビジネスマンも増えていると言います。マンションを第三者に貸し出す事で月々所定の家賃というものが、自分の銀行口座に振り込まれたり、入居者から直接現金を受け取られるなどのメリットが有ります。例えば、1LDKの間取りの部屋を第三者に貸し出す事で、月々の決められた家賃を毎月受け取れると言うメリットが有ります。自分は特別な事をしなくても、毎月家賃が振り込まれることになるため、給料以外の不動産所得と言うお金が毎月手に入れることが出来るわけです。

そのため、マンション経営は最初にマンションを購入する資金があれば誰もが経営者になることが出来、しかも毎月所定の家賃収入を得ることが出来ると言うメリットが有ります。しかし、注意をしなければならない事は、家賃収入と言うものはマンションの入居者が居る状態の間だけであり、入居者が引越しをしてしまう事で家賃収入はゼロになります。更に、次の入居者が決まらなければ、マンション経営を行うために購入したマンションのローンの支払いが出来なくなるなどのデメリットも生じる事になるのです。尚、マンション経営を行う中では管理会社に委託を行う投資家が増えていますが、管理会社では未納となる家賃回収や入居者の募集と言った幅広い業務を代行してくれるため、管理会社に委託する不動産投資を行う投資家が増えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です