空室対策に詳しくなろう

マンション経営について

マンション経営について、まず簡単に説明いたしますと、マンションを購入して、そしてそのマンションの部屋に第三者に住んで賃貸契約してもらい、家賃によって収入を得る事をいいます。マンション経営は住宅ローンを活用して、始められますが月々の家賃収入でローンを払う事が出来るので、資金をたくさん調達しなくても僅かな資金からでも始められるものです。昔のマンション経営のイメージというものは、敷居が高くて経済的に余裕のある方が行う業種と考えられていましたが、近年では、20代、30代のそれこそ一般的なサラリーマンや公務員の方が行う事がとても増えているようです。ではマンション経営を行うメリット、デメリットを考えてみたいと思います。

まずメリットとしては、サラリーマンと違って自らが働いた分だけ給料が出るといったものではなくて、マンションという不動産が勝手に稼いでくれるという事です。マンションの賃貸物件を持てば持つほど、自動的にお金が入ってきます。この点が、サラリーマンや公務員の方には魅力的に感じる点かもしれません。次にデメリットに関しては、幾つかあげられますが、まず入居率に関してです。

儲かる、儲からないはここに掛かっていると言っても過言ではないでしょう。そして、不動産に付き物の、老朽化と損傷のリスクにより経営者自らが修繕費などを支払わなくてはならない出費がある事です。そして、地震、火災などの不測の事態も大きなリスクと言えます。これらを念頭に置いた上でもマンション経営したいと考えた場合は充分に土地や物件、その他のリスク等も頭に入れた上で始められた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です