空室対策に詳しくなろう

投資マンションとしては投機性が

投資マンションといっても方向性が色々とあります。一つは収益物件として期待するマンションです。これはインカムゲインを得ることになります。つまりは、家賃収入を目的にするわけですが、これだけではないです。

それがキャピタルゲインを目的にした投機性の高いマンション投資です。それもできますから、意外と方向性が沢山ある投資であるわけです。どちらが良いのか、と言うのは考え方次第ですし、経済状況によっても違います。一気に儲けることができるのは、圧倒的にキャピタルゲインを目的にしたほうです。

転売をするわけであり、すぐにでも投資額を回収できるわけです。逆にインカムゲインの場合は元を取るのに十数年はかかることになります。これを損益分岐点といいますが超えることを意識します。そこからが利益になります。

それですぐに売るという手もあります。そうすれば、売却金額がそのまま丸々の利益になります。損益分岐点は超えているわけですから、物件を売った分がそのまま利益として手に入るわけです。色々なやり方があるわけですが、実は問題となる点がどちらにおいても一つあります。

それが税金であり、これをどうにかして節約できる工夫をしたほうがよいです。別に脱税ではなく、計上できる経費は申告するべきです。そのあたりのことは税理士なり会計士に相談します。或いは自力でやってもよいですが、税務署には相談にいったほうがよいです。

マンション投資の経費として認められることを確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です