空室対策に詳しくなろう

投資をする為のマンションとは

投資を目的にしたマンション、と言うのがあります。例えば、それは価値が騰がることを期待して実行します。そのマンションの価値が将来的に騰がると見込んだ時に購入するわけです。意外とこうした方法はよく採用されており、バブル状態ですと数割程度であれば簡単に数ヶ月で騰がるときもあります。

日本でもバブル時代にはマンションを購入して、売る、と言うのを繰り返すだけでそれなりの利益が見込めた時代もあったほどです。しかし、今ではそうしたリスクが高い投資よりも運用するほうを選択する人が多くなっています。要するに家作として使うわけですが、運用に関しては業者に委託してしまう手もありますし、自分で貸してもよいです。兎に角、人に物件を貸すのは安定した需要があるのであれば、非常に良い投資になります。

投資と言うよりは事業の名に相応しいともいえますが、とにかく利益が期待できます。但し、あくまで投資ですから、リスクがないわけではなく、空室率が高くなってしまったりすると損益分岐点まで時間がかかることになります。十年以上の単位でお金を回収することになります。家賃単価の良いマンションであれば、十年未満で投入した資金を回収できる可能性もありますが、基本的には十五年程度は見るのが当たり前になっています。

そうした意味で非常に長い目で見て、考える事業になります。しかし、損益分岐点を超えれば後は利益になります。そこからは利益を生み出し続けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です