Skip to content

広尾の幼児教室の特徴

広尾の幼児教室には様々な種類があり、特に多いのが総合的な幼児教室です。

この総合的な幼児教室は、学習的なことの他に、造形や音楽、体育や英語遊びといったことが行われていますが、これは小さい子供がどの分野に興味を持つかはまだ確定されておらず、いろいろなことに興味を示すため、子供の未知の力を発揮する意味もあります。そのため広尾の幼児教室では、幼稚園に通う年齢だけでなく0歳児から入会することができるところが多くなっています。

広尾にある教室の場合、0歳から1歳半ぐらいまでは親子一緒に、それ以降は子供だけで授業をうけるようになっており、プレ幼稚園や保育園のような意味合いもあります。順調に幼稚園への生活ができるよう、その前段階としてこのような教室を選ぶこともあり、教室での経験があることから実際に幼稚園や保育園に通園したときにスムーズにその場の雰囲気に慣れることができます。幼児教室はだいたい1時間となっており、最後の5分ほどは親に対しての説明やアドバイス時間となります。

教室では2人の講師制度を取っていることが多く、そのアドバイス時間に1人の講師が親への説明をしもう1人が英語の歌を歌うなどをしています。この説明は今日やったことの説明や育児に対しての簡単なアドバイスであり、どのようなことをしているのか、目標はどういったところなのかを話しているので、子供との会話のきっかけとすることができます。広尾では、親子のつながりを大切にしている教室が多い特徴があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *