Skip to content

高水準の教育が受けられる自由が丘の幼児教室

日本では1980年以降、少子高齢化が進んでいます。

2018年4月現在の18歳未満の子どもの数は約440万人で、その割合は各家庭で約1.5名になっています。子どもの数が減少すると、1人当たりに掛けられる教育費が多くなり、より高水準な教育を受けさせられるということです。高水準な教育とは小学校から私立の学校を受験させることを意味しますが、受験対策の一環として幼児教育に幼い子どもを幼児教室に通わせるのが一般的です。

「受験戦争」という言葉が生まれた1990年以降、日本各地で幼児教室は数多く登場しています。どの教室も趣向を凝らした幼児教育をなされていますが、その中でも東京・自由が丘周辺は遠方からも通う方々がいるほど、高水準な教育を受けられる教室があります。東京・自由が丘には現在、計19件の幼児教室が存在します。

なぜ自由が丘という狭い地域にこれほどたくさんの幼児教室があるのかというと、有名私立小学校が2校あることが理由に挙げられます。また、幼児教室出身者が有名私立小学校の受験に数多く合格しているという実績があることも、高い教育がなされている証拠になります。自由が丘は小学校だけでなく、高校・大学も建ち並ぶ閑静な街です。静かな環境だからこそ、勉強に集中できることで自然と高水準な教育へと結びついているともいえます。小学校受験を控えているお子さんが居る方には、打って付けの教育の場になりうるところでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *