Skip to content

東京という地域と幼児教室

東京は人口が集中している都市であるため、多くの幼児がいます。

幼児がたくさんいる分、東京では幼児教室も多く開かれているのです。幼児教室とは、0歳から6歳までの未就学児を対象に教育が行われている教室です。塾が勉強に重きを置いているところであるのに対して、東京の幼児教室は遊びやコミュニケーションなどに重きを置いています。幼児教室では具体的にどのようなカリキュラムをもっているのでしょうか。

教室によって掲げている理念や方針が異なるため一概には言えませんが、ごっこ遊びや折紙を使って空間把握能力を鍛えること、絵カードで自由に話をつくり発想力や思考力を鍛えるようなことを行っています。頭を使う点は学習塾と変わりありませんが、あくまでも未就学児を対象としているため遊びの中で子どもの能力を育てるのです。お受験をするならばやはりこのような教室で子どもの可能性を伸ばすと有利になります。

東京だけでなく全国から受験生が集まりますので、訓練が求められます。では、どのような基準で幼児教室を選べば良いのでしょうか。その基準は様々ですが、例えば大人数ではなく少人数制で指導を行い一人ひとりに目が届く教育が実践されているかというようなことや、幼児をひとくくりにして指導をするのではなく、年齢別にカリキュラムが組まれているかどうかも基準となります。お受験に限らず、自分の子どもの可能性を伸ばしたいと思った場合にはこのような教室に通うのも良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *