Skip to content

自由が丘に幼児教室が数多くある理由とは

0歳~3歳の乳幼児期は、人間の一生の中でもっとも脳細胞が活発に活動している時期です。

その為、言葉を短期間で覚えることが可能であり人格形成もこの時期にほぼ出来上がるとさえ言われています。

1980年にアメリカの小児科医が発表した論文で、3歳までに英才教育を施せば巷で天才と称される頭脳を作り上げられることを発表しました。この研究論文は世界で注目され、日本もも幼児教室ブームを生み出すことになったのです。幼児教室は今ではごく身近な教育施設になっており、子ども同士の交流から、子育てに奮闘している親同士の意見交換所としても機能しています。

全国各地に様々な幼児教室はありますが、東京・自由が丘一帯では計120件もの幼児教室が開校されています。自由が丘という狭い地域で120件もの教室があるのかというと、有名私立小学校が4校あることが起因していると考えられます。幼児に教育を実施するには何かしらの理由があるからであり、自由が丘に住んでいる方だとお子さんを有名私立小学校に入学させたいというのが教室に通わす理由になります。自由が丘の場合、都内の中で有数の高級住宅街が広がっています。いわゆる「セレブ」と呼ばれる上流階級の方々は、自身の子供に高い水準の教育を受けさせたいという欲求もあることでしょう。そういった意味でも自由が丘では幼児教室の需要が高く、120件という膨大な数でも生徒達が集まってきて独自カリキュラムを作成して魅力的な教育も実施されているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *