Skip to content

2歳から幼児教室に通う理由とは?

2歳から幼児教室に通うというと「早すぎるのでは?」と感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし人間の脳は3歳までに80%が完成するといわれており、この頃の子どもの脳全体が大きく発達し、言語や社会性、知性が成長する時期なので早すぎることはありません。子どもが2歳頃になると前頭葉と呼ばれる大脳の一部が発達するので、幼児教室に通い始める最適な時期であるといえます。

子どもが2歳頃になると、「なぜ?」「どうして?」の質問が多くなり対処するのに大変だというお母さんが多いのではないでしょうか。しかしこうした探求心は子どもの知識成長に欠かせない原動力であるといえます。

左脳の働きが活発になるこのような時期に幼児教室に通えば、言葉の理解や数量感を身につけることができ、考える力をさらに伸ばすことができます。他にも幼児教室に通うメリットは、通うことによって子どもが伸びるチャンスを見逃さないので、全ての能力の土台となる力を養える点です。

幼児教室では自分で考える力を伸ばすことを重視している教室が多く、柔軟な思考力や論理的思考力、考えを表現する力を養うことができます。これらの力は将来必ず必要になる力なので、考えることは楽しいことであると感じてもらえるような教育を行うことが大切です。

このような点から考えて2歳から幼児教育を行っている教室に通うことは、有効であるといえます。教室に2歳から通って子どもの脳の器を広げましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です